共同研究
共同研究
応募書類ダウンロード
共同研究課題 分類
コード
様式(form)
I 双方向型共同研究
1 筑波大学プラズマ研究センター(GAMMA 10/PDX) 1-1 1、10、11
2 京都大学エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構
研究センター(Heliotron J)
1-2 1、10、11
3 大阪大学レーザー科学研究所(激光XII号) 1-3 1、9、10、11
※様式9センター世話人のコメント必要
4 九州大学応用力学研究所高温プラズマ理工学研究センター
(QUEST)
1-4 1、10、11
5 富山大学研究推進機構水素同位体科学研究センター 1-5 1、10、11
Ⅱ LHD計画共同研究
1 プラズマ分野 2-1 2、10、11
2 炉工学分野 2-2 2、10、11
3 核融合研が指定した研究課題 2-3 2、10、11
Ⅲ 一般共同研究
1 大型ヘリカル装置(LHD)計画プロジェクト
(1)LHD実験共同研究
 1 高性能化 3-1-1-1 3A、10、11
 2 輸送および加熱処理 3-1-1-2 3A、10、11
 3 周辺、ダイバータ、原子分子過程プラズマ・壁相互作用 3-1-1-3 3A、10、11
 4 高ベータ、MHD、高エネルギー粒子 3-1-1-4 3A、10、11
 5 LHD国際共同研究 3-1-1-5 3B、10、11
(2)LHD機器開発共同研究
 1 安全管理研究 3-1-2-1 3C、9、10、11
 2 計測技術研究 3-1-2-2 3C、9、10、11
 3 本体・低温・加熱機器研究 3-1-2-3 3C、9、10、11
2 核融合工学研究プロジェクト
(1)炉設計研究 3-2-1 3C、9、10、11
(2)超伝導システム研究 3-2-2 3C、9、10、11
(3)炉内材料機器研究 3-2-3 3C、9、10、11
(4)システム・環境安全研究 3-2-4 3C、9、10、11
3 数値実験炉研究プロジェクト
(1)理論共同研究
 1 研究所提案型共同研究 3-3-1-1 3C、10、11
 2 応募者提案型共同研究 3-3-1-2 3C、10、11
(2)プラズマシミュレータ共同研究
 1 研究所提案型共同研究 3-3-2-1 4、10、11
 2 応募者提案型共同研究 3-3-2-2 4、10、11
4 基礎・応用・先進共同研究 3-4 3C、9、10、11
5 ネットワーク型共同研究 3-5 5、9、10、11
6 研究会
(1)プラズマ科学 3-6-1 6、9、10、11
※10は代表者のみ提出
(2)核融合科学 3-6-2 6、9、10、11
※10は代表者のみ提出
(3)核融合炉工学 3-6-3 6、9、10、11
※10は代表者のみ提出
(4)NIFSシンポジウム 3-6-4 6、9、10、11
※10は代表者のみ提出
7 SNET利用共同研究 3-7 7、9、10、11
8 核融合アーカイブズに関する共同研究 3-8 3C、9、10、11
Ⅳ 原型炉研究開発共同研究
A)課題指定型
1 液体ブランケットのMHD圧力損失低減 4-1-1 8A、10、11
2 液体ブランケット異材接合部の増殖/冷却材との共存性研究 4-1-2 8A、10、11
3 ダイバータ機器健全性評価技術の開発 4-1-3 8A、10、11
4 耐照射性向上に向けたダイバータ用タングステン合金の開発 4-1-4 8A、10、11
5 ダイバータ用タングステン合金の再結晶抑制技術の開発 4-1-5 8A、10、11
6 ダイバータデタッチメントプラズマ中の原子分子過程実験とモデリング 4-1-6 8A、10、11
7 燃料循環システム要素技術 4-1-7 8A、10、11
8 原型炉用DTペレットの製作・検査に関する要素技術の開発 4-1-8 8A、10、11
A')課題指定型(若手優先)
1 液体ブランケットのMHD圧力損失低減 4-2-1 8A、10、11
2 液体ブランケット異材接合部の増殖/冷却材との共存性研究 4-2-2 8A、10、11
3 ダイバータ機器健全性評価技術の開発 4-2-3 8A、10、11
4 耐照射性向上に向けたダイバータ用タングステン合金の開発 4-2-4 8A、10、11
5 ダイバータ用タングステン合金の再結晶抑制技術の開発 4-2-5 8A、10、11
6 ダイバータデタッチメントプラズマ中の原子分子過程実験とモデリング 4-2-6 8A、10、11
7 燃料循環システム要素技術 4-2-7 8A、10、11
8 原型炉用DTペレットの製作・検査に関する要素技術の開発 4-2-8 8A、10、11
B)課題提案型 4-3 8B、10、11

注1)様式11については該当者(学生(研究生も含む)及び名誉教授等)がある場合のみ要提出

注2)原型炉研究開発共同研究分類コードには継続課題も含まれています。
課題指定型の2020年度の新規公募は4-1—3、4-1—8、4-2—3、4-2—8です。